トヨタ:10-12月期純利益は2370億円、海外好調-市場予想

トヨタ自動車の2004年3月期第3四半期 (10-12月期)の連結決算(米国会計基準)は、純利益が約2370億円となる見 通し。円高は大きな減益要因となるものの、北米を中心とした海外販売の拡大や コスト削減効果などが寄与する見込み。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト 4人の業績予想をもとに中央値を算出した。トヨタは5日に第3四半期決算を発 表する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。