コンテンツにスキップする

アルカイダはイラクの足場確保を狙う-サンチェス米陸軍中将

米陸軍のリカード・サンチェス中将は29日、 バグダッドで記者会見し、国際テロ組織アルカイダの上級幹部とみられるハッサ ン・グル容疑者の身柄拘束について、アルカイダがイラクで足場を確保しようと している証拠だとの見解を示した。

サンチェス中将は、「グル容疑者拘束は、アルカイダがイラクで足場を確保 しようとしていることのかなり強力な証拠だ」とし、「わたしは数カ月前から、 イラク国内にアルカイダの足跡があると指摘している」と述べた。同中将はまた、 自爆テロなど反米勢力が使用する技術は、アルカイダの関与を示唆していると強 調。「彼らの活動の範囲や構造は引き続き広がりつつあるため、われわれはこれ をかなり強く注視している」と語った。

グル容疑者は今月、イラン側からイラクに入国しようとしていた時に身柄を 拘束された。同容疑者は、2001年9月11日の米同時多発テロの首謀者とされる ハリド・シェイク・モハメド容疑者の直属の部下だったと報じられている。

--* シドニー Paul Tighe 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo (81)(3) 3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

原題:Al-Qaeda Trying to Gain Foothold in Iraq, U.S. Commander Says (抜粋) 参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE