コンテンツにスキップする

セガ:米ベライゾンに携帯電話向けゲーム供給へ-北米事業強化(2)

ゲーム大手セガは30日、米大手通信事業者 ベライゾン・ワイヤレスに携帯電話向けゲームソフトを2月1日から供給すると 発表した。北米でのインターネット対応携帯電話の普及をにらみ、コンテンツ事 業を強化しており、北米の通信事業者向けは今回が7社目。

セガがベライゾンに提供するのは1980年代にゲームセンター向けにヒット したゲーム「ペンゴ」など4タイトルを携帯電話向けにアレンジしたもの。それ ぞれ月額約3-5ドルで提供する。

携帯電話向けゲームソフト事業は、すでに開発済みのソフトをアレンジして 利用するため低コストで収益性が高い。日本ではNTTドコモなど携帯事業者3 社向けに80万人(03年11月実績)に月額100-300円で提供している。

北米では2002年8月スプリント向けにソフト供給を開始したのを皮切りに、 AT&Tワイヤレスやクエスト・ワイヤレスなどにゲームソフトを配信している。 欧州ではスペインの携帯大手テレフォニカ向けに供給を開始する予定。

セガの株価午前終値は前日比15円(1.5%)安の996円。

--* 東京 竹本能文 Yoshifumi Takemoto(813)3201-8374 ytakemoto@bloomberg.net Editor:Okubo

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE