米ダウ・ケミカル:10-12月期は純利益9億2900万ドル

米化学最大手のダウ・ケミカルが29日 発表した第4四半期(2003年10-12月)決算は、9億2900万ドル(1株 当たり99セント)の純利益となった。需要の増加が黒字確保につながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。