トヨタなど自動車株が軟調、円高基調と米景気減速への警戒感(2)

トヨタ自動車など自動車株全般が軟調。円 高・ドル安基調に加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)が28日発表した声 明をきっかけに米金融市場では金利の上昇懸念が広がり、12月の同国の新築住 宅販売や製造業耐久財受注額も事前予想を下回った。このため、米景気の先行き に慎重な見方が広まっている。トヨタ、ホンダなど大手は営業利益での対米依存 度も約70-80%と高く、収益が悪化するとみられたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。