マクロミルがマザーズに新規上場、買い気配で始まる-市場調査

インターネットを利用した市場調査サービ スを提供するマクロミルが28日、東証マザーズに新規上場した。公募価格70 万円で差し引き1840株の買い注文を集め、買い気配で始まった。公募・売り出 し株数は2750株、主幹事は新光証券。

新規上場は昨年12月24日以来約1カ月ぶり。この間、日経ジャスダック 平均が前日まで21連騰するなど新興市場の需給は良好。このため新規上場銘柄 に注目する投資家が多いようだ。なかでも、「今日と明日に上場する3銘柄のう ち、ネット関連企業のマクロミルが業態からみて最も人気が高い」(ワールド日 栄証券投資調査室の藤井知明課長)。

同社は2000年設立。インターネットリサーチ事業を主要業務とする。独自 開発した自動インターネットリサーチシステムによってウェブ調査票の作成か ら調査対象者の抽出、依頼メールの配信、回答回収、集計、納品データの作成 までをウェブ上で自由に行うことができ、電話や郵送、訪問、街頭といった従 来型の調査方法と比較して費用と時間を削減できる点が特色。

2004年6月期の業績は、売上高が前期比2.1倍の18億円、経常利益が2.5 倍の5億円、当期純利益は2.7倍の3億円を見込む。

--* 東京 浅井 真樹子 Makiko Asai

(81)(3)3201-8955 masai@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

NI JIPO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE