出光興:2月のガソリン卸価格を引き上げ、末端価格への未転嫁分反映

出光興産は27日、2月出荷分のガソリン など石油製品の販売店向け卸価格を前月比で1リットル当たり0.1円引き上げ ることを決めた。為替相場は円高・ドル安となったが、原油価格が上昇したため。 また、これまでのコスト未転嫁分を反映させるため、12月比では2円の引き上 げになるという。総務部広報課の西羅正一氏が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。