CSFB:社債発行手数料収入でシティグループ上回る(2)

スイス最大の銀行クレディ・スイスの証 券部門であるクレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)が、社 債発行引き受けの手数料収入で、米シティグループを上回ったことが明らか になった。CSFBは、最も利益率の高い高利回り高リスクの社債を積極的 に手掛けた。

ブルームバーグのデータによると、CSFBは昨年、社債引き受けの手 数料収入では7億200万ドル(約745億円)となり、競合の投資銀行を全て 上回り1位となった。CSFBが引き受けた社債には、客船運行の米ロイヤ ル・カリビアン・クルージスなどやバスタブメーカーの米ジャグジー・ブラ ンズが含まれている。一方、昨年引き受けた社債発行総額(ドル建て)では、 CSFBは、シティグループや米J.P.モルガン・チェース、それにドイツ 銀行を下回り4位となった。

米10年国債の利回りが45年ぶりの低水準となるなか、昨年の米国の投 資不適格債の発行は2倍以上の1317億ドルと過去最高を記録。クレディ・ス イスが2000年9月に投資不適格債を扱うドナルドソン・ラフキン・アンド・ ジェンレット(DLJ)を130億ドルで買収したことも、CSFBにプラス となっている。

ボストンに拠点を置く投資信託会社イートン・バンスで50億ドル相当の 高利回り債を運用するマイケル・ウェイルハイマー氏は、「DLJが買収され て以来CSFBは高利回り債の引き受けで首位となり、ほとんどをこれで稼 いでいる」と指摘している。同氏は、その理由として、投資不適格債の引き受 け手数料は投資適格債より高いためとしている。

米信用格付け会社スタンダード・アンド・プア-ズ(S&P)によれば、 米国で昨年発行された投資不適格債の約4分の3は、既存の証券と銀行借り 入れの借り換えが目的。投資不適格と分類される社債は、S&Pの格付けで 「BBB-(BBBマイナス)」、また米ムーディーズでは「Baa3」を下回 るもの。

--*ロンドン Michael Rothschild and Cecile Gutscher 東京 笠原 文彦 Fumihiko Kasahara (81)(3)3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: Okochi

原題:CSFB Manages Fewer Sales, Reaps More Bond Fees Than Citigroup (抜粋)

C US <EQUITY> MWD US <EQUITY> CSGN VX <EQUITY> JPM US <EQUITY>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE