コンテンツにスキップする

米シュルンベルジェ:10-12月期は黒字確保-需要増で(2)

油田サービス最大手の米シュルンベル ジェが23日発表した第4四半期(2003年10-12月)決算は、純利益が1 億7700万ドル(1株当たり30セント)となった。石油と天然ガスの需要が 伸び、顧客企業の支出が増えたことが黒字確保につながった。

前年同期は純損益ベースで28億6000万ドル(4ドル92セント)の赤 字だった。シュルンベルジュの発表資料によれば、10-12月期の売上高は37 億4000万ドルと、前年同期の33億8000万ドルから増加した。米調査会社ト ムソン・ファイナンシャルのアナリスト調査の平均値では、1株当たり利益 は43セントと見込まれていた。

アンドリュー・グールド最高経営責任者(CEO)は声明の中で、「景 気回復の持続とそれに伴う需要の増加」により、探鉱や生産への投資を増やす 必要があるとし、「顧客はこの必要性に対応し始めている」と述べた。

また10-12月期の油田サービス部門の税引き前営業利益は48%増の4 億2000万ドル。同部門の世界の掘削装置数は23%増加した。

--*パリ Tom Cahill 東京 笠原 文彦 Fumihiko Kasahara (81)(3)3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: Okochi

原題:Schlumberger Has 4th-Quarter Profit on Oil Demand (Update1) (抜粋)

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE