スーパーなどタイ産鶏肉の販売を一時見合わせ-鳥インフルエンザ(2)

タイでの高病原性鳥インフルエンザ発生の疑 いから、同国産鶏肉の輸入停止となったことを受け、ユニーなど一部のスーパー で一時的にタイ産鶏肉の販売を見合わせている。また、味の素ではタイで製造し ている鶏肉を使った冷凍食品の輸入も一時停止した。

ユニーでは全153店舗のうち、食品の取り扱いがある約130店にタイ産鶏肉 の撤去を店側に通達、棚から外した。社長室の岩田正也氏によると「インフルエ ンザの疑いについて今の時点で何も発表がないのでタイ産について再開は未定」 という。店頭では引き続き国産、中国産の販売は継続している。

ダイエーもまた、「念のためにタイ産鶏肉の販売を中止した」(IR広報室の 妹尾優子氏)。今日から順次、棚から引き上げている。同社で販売している鶏肉に ついては「ほとんどが国産でタイ産はわずか数パーセント」(同氏)であるため、 タイ産の販売がなくても「販売状況に混乱はない」という。焼き鳥やから揚げな どの過熱処理した食品については継続販売をしている。ただ、同社のタイ産鶏肉 の年間取扱量については、明らかにしなかった。

食品大手の味の素は、タイの合弁会社で製造し日本に輸入している、タイ産 鶏肉を使用した冷凍食品の輸入を一時停止した。現地工場は現在も稼働している が「農水省の輸入停止に伴う措置」(広報部の金子雅美氏)としている。すでに日 本に輸入されている商品については販売をしている。味の素でもタイ産鶏肉を使 用した商品の年間取扱量などは明らかにしていない。

日本水産では、タイに鶏のから揚げなどの加工食品工場を建設、3月に竣工 する予定で、その準備を進めていたが、禁輸の期間は工場稼働を見合わせること を決めた。当面は中国にある既存の2工場(生産量年間約1万トン)に振り替え ていく方針。同社の清水毅彦・広報課長は「農水省による安全宣言などが出れば、 すぐに対応しタイでの生産を計画通りに進める予定」と説明している。

--*東京 堤 紀子 Noriko Tsutsumi (813)3201-8950 ntsutsumi@bloomberg.net Editor: Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE