米コーチの10-12月期:53%増益、年末商戦好調で

高級皮革製品メーカー米最大手のコーチが 21日発表した第2四半期(2003年10-12月)決算は、前年同期に比べ53%の 増益だった。年末商戦期間中にハンドバッグなどの販売が好調だった。同社は また、2003年7月-04年6月期の利益と売上高の見通しを上方修正した。

10-12月期の純利益は9540万ドル(1株当たり50セント)と、前年同期 の6240万ドル(同34セント)に比べ増加。売上高は同33%増の4億1150万ド ルだった。

新商品・新モデルの発売や株式相場の上昇が、高級品志向の買い物客の需 要拡大につながった。10-12月期は、販促プログラムを削減し、広告費用を据 え置いたにもかかわらず、売り上げを伸ばした。

同社によると、04年6月期の1株利益は1.20ドル以上となる見込み。売上 高は12億6000万ドルを超えるとみている。調査会社トムソン・ファイナンシ ャルがまとめた市場予想平均によると、1株利益は1.15ドルが見込まれていた。

コーチの21日終値は0.25ドル(0.7%)安の35.70ドル。昨年1年間の上 昇率は100%を超えた。

--*プリンストン Andria Cheng 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata

(81)(3) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kobari

原題:Coach 2nd-Qtr Profit Rises 53% as Holiday Sales Gain (Update6)

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE