米ゴールドマンなど、メッサー売却で利益-未公開株投資復活の先駆か

事情に詳しい関係者が20日語ったところに よると、米証券のゴールドマン・サックス・グループと保険の独アリアンツは、 ドイツの工業ガスメーカー、メッサー・グリースハイムの持ち分を業界最大手、 仏エア・リキードに売却したことで、メッサーに投資した計5億ドルを2倍に して回収した。同案件は、未公開株(プライベートエクイティ)投資の収益回 復の先駆けとなるかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。