03年のコンビニ売上高は店舗数増で1.7%増-既存店売上高は2.1%減

日本フランチャイズチェーン(FC)協会 が20日発表した「コンビニエンスストア統計調査月報」によると、2003年1- 12月期の全店売上高は前年比1.7%増の6兆9624億円に拡大し、7兆円台が目 前に迫った。積極的な出店を続ける業界最大手セブン-イレブン・ジャパンがけ ん引するかたちで、全国の総店舗数が同1.9%増の3万7713店に増えたことが 要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。