コンテンツにスキップする

欧州の投資家:米株式投信を敬遠-ドル安が運用成績に悪影響

ここ1年間でドルがユーロに対し15% 下げたことで、欧州の投資家にとって米株式相場の上昇は輝きを失ったもの となった。

ブルームバーグがまとめたデータでは、規模で最大10位までの米国を 拠点にしている株式投資信託の昨年の平均運用利回りは28%。一方で、ユ ーロ建ての同様の投信で欧州の投資家に販売されたものの平均運用利回りは

6.7%となった。

スペイン金融のサンタンデール・セントラル・イスパノの子会社バニフ (マドリッド)で投信開発を担当しているハビアー・サンピオ氏は、「為替 動向のおかげで一日一日とわれわれの米投信の良かった業績が悪化している。 投資家は少し心配し始めている」と指摘している。

サンピオ氏は、バニフ向けに運用している米投信資産は2003年11-12 月に21%減少し6600万ユーロ(約88億円)だったことを明らかにした。 またドイツ投信協会BVI(フランクフルト)によれば、同国投資家の北米 投信に対する投資額は、昨年11月に前年同月比97%減の380万ユーロとな った。

スペインとドイツは合わせて、5兆8000億ドル規模の欧州投信市場の 約15%を占めている。フランスは欧州最大の投信市場だが、BNPパリ バ・アセット・マネジメントのグルーバルファンド部門で調査を担当してい るゲイル・ル・コズ氏は、同社の米株投信の販売額は減少していないとして いる。

--*エジンバラ David Clarke 東京 笠原 文彦 Fumihiko Kasahara (81)(3)3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: Okochi

原題:Europeans Avoid U.S. Funds as Decline in Dollar Erodes Returns (抜粋)

SAN SM <EQUITY>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE