今年の豪綿花生産は130万俵に増加も-クイーンズランド・コットン予想

クイーンズランド・コットン・ホールデ ィングスのリチャード・ヘア最高経営責任者(CEO)は、ブルームバーグ・ ニュースとのインタビューで、雨の恵みを受け、ことしの同国の綿花生産が 130万俵に達する可能性があるとの見方を示した。

オーストラリア気象局のウェブサイトによると、先週のクイーンズランド 州での最大雨量は300ミリ。また、同州に隣接するニューサウスウェールズ州 での最大雨量は200ミリだった。

ヘアCEOは「この雨で、現状の収穫量獲得に十分な水資源が得られたこ とは確かだ。クリスマスの頃は120万俵の収穫量を見通していたが、現在は多 分それをやや上回ると見込んでいる。収穫量は約10%増加するかもしれない」 との見方を示した。

5-6月に行われるオーストラリアの収穫量見通しが改善したことを受け、 綿関連銘柄の株価は上昇。同国綿花生産の3分の1を占めるクイーンズラン ド・コットンの株価は4.6%上昇し11週間ぶり高値の3.67オーストラリア・ ドルとなった。

また、ナモイ・コットン・コーポラティブは9.5%高の46セントと、2年 ぶり高値に達した。

--*メルボルン Jason Gale ロンドン 吉崎美帆 Miho Yoshizaki (44) (20) 7073-3636 myoshizaki@bloomberg.net Editor: Okochi

原題:Australia's Cotton Crop May Reach 1.3 Million Bales (Update2) (抜粋)

QCH AU <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE