2004年の米社債とMBS発行、金利上昇で減少-CPは増加へ:米BMA

米債券市場協会(BMA、ワシントン)が 15日までにまとめた調査によると、2004年の米社債と住宅ローン担保証券(M BS)の発行高は、金利上昇の影響で前年に比べ減少する見通しだ。一方で、 企業がより低コストの調達手段を求めることからコマーシャル・ペーパー(C P)の発行は増加が見込まれる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。