エルピーダ:主幹事は大和SMBCとドイツ証―年内にも1000億円(2)

NECと日立製作所の共同出資による半導体メーカ ー、エルピーダメモリは、年内にも実施する上場主幹事に、大和SMBCと、ドイツ証 券を指名した。新株発行で1000億円の資金調達を目指す。生産能力を増強、DRAM (記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)のシェア拡大を狙う。また、 ドイツ証が、日本で上場主幹事を獲得するのは2件目で、今回が最大となる。複数の関 係者が15日までに明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。