蘭アホルド:10-12月期売上高は11%減-ドル安・ユーロ高が響く

小売り世界3位、オランダのロイヤル・アホ ルドが9日発表した第4四半期(10-12月)売上高は、前年同期比11%減だっ た。ドル安・ユーロ高が響いた。

米国市場からの売り上げが3分の2以上を占める同社が発表した資料による と、売上高は127億ユーロ(約1兆7290億円)と、前年同期の143億ユーロか ら減少した。ブルームバーグ・ニュースが実施したアナリスト事前調査では平均 値として127億ユーロが見込まれていたため、予想通りの結果だった。

ドル相場は四半期ベースで平均19%安となっており、世界最大の市場であ る米国での売上高を目減りさせる格好となっている。米国市場への依存度が低い 同業他社の仏カルフールが8日発表した第4四半期(10-12月)の売上高は

4.2%増だった。

--*アムステルダム Celeste Perri ジュネーブ 蒲原桂子 Keiko Kambara (41) (22) 317-9233 kkambara@bloomberg.net Editor: Sakihama

AHLN NA <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE