石油タンカー運賃が下落-3年ぶりの高値水準で調整局面入りへ

石油を運ぶ大型タンカーの運賃が下落してい る。需給バランスが引き締まるなどして昨年12月には急騰し、約3年ぶりの高 値を付けたが、現在はそれに比べ半減した水準。価格が過剰に上昇したとの指 摘もあって、高値調整局面に入り、落ち着きを取り戻している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。