中国国際航空、5億ドルのIPO幹事に米メリルとCICCを起用

中国最大の国際航空会社、中国国際航空(北 京)は、香港での新規株式公開(IPO)で、証券最大手の米メリルリンチと 中国国際金融公司(CICC)を幹事に起用した。中国国際航空の複数の幹部 が7日明らかにした。

幹部が匿名を条件に明らかにしたところによると、同社は第1四半期(1 -3月)中に株式の25%を売り出す。調達額は最大5億ドル(約530億円)と みられる。

中国の国営企業は2003年11月以来、香港で64億ドル相当の株式を売り出 している。中国人寿保険(チャイナライフ・インシュアランス)のIPOでは 34億7000万ドルの募集に対して800億ドル強の注文があった。中国国際航空は 中国株人気と同国の高成長に支えられた旅客増が、投資家の需要を押し上げる と期待している。

同社は2年前に香港上場を計画したが中止した経緯がある。昨年12月にこ の計画を復活させて外銀4行を北京に招き、幹事の選定を進めていた。

--* 香港 Rob Stewart、Sonia Tsang 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita (81)(3) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE