米モルガン・Sとゴールドマン:ネット検索のグーグルのIPOで幹事に

世界で最も人気のあるインターネット検索サイト を運営する米グーグルは、最大40億ドル(約4250億円)相当の新規株式公開(IP O)の幹事に、米投資銀行のゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタン レーを起用した。同案件にかかわる銀行関係者が5日、明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。