コンテンツにスキップする

米Kマート:クリスマス商戦期に黒字確保-株価は一時30%急伸

2002年1月に経営破たんし、再建中の米デ ィスカウント店チェーン3位のKマートは5日、販売促進策を抑制した結果、ク リスマス商戦期の純損益は黒字を確保したと発表した。発表を受けて、株価は一 時、前週比30%急伸した。

クリスマス商戦期にあたる昨年11-12月期の純損益は、不動産売買益の 5000万ドルを含め、2億5000万ドルの黒字となった。同期間の売上高は前年同 期比26%減の約69億ドル。既存店売上高は同14%減。 同社の第4四半期は1 月28日に終了する。

Kマートは、不人気商品の取り扱いを止め、在庫を低水準に維持することで 売れ残りが発生するのを避けた。また、小売り世界最大手の米ウォルマート・ス トアーズに対抗して、定期的に値下げを実施するのを止めた。在庫は昨年末に比 べて20%減少した。

同社の2003年10-12月期決算は3月18日に正式発表される。2002年10- 12月期の純損益は11億ドルの赤字(1株当たり2ドル13セントの損失)だっ た。同社はこれまでに、来年度決算で通期の黒字化を果たすとの見通しを明らか にしている。

クリスマス商戦期の業績発表を受けて、株価は一時、前週比30%急伸、ニ ューヨーク時間午後零時5分現在、同5ドル90セント(26%)高の28ドル90 セント。

--*プリンストン Rachel Katz、ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai (1) (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

KMRTQ US <Equity> CN NI COS, NI JFCO, NI BCY NI US, NI JAPAN, NI ASIA NI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE