石油各社の円高影響:新日石は在庫評価で減益要因-原油価格も左右

昨年12月に円ドル相場が一時1ドル=106円台と、 3年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けるなど、外国為替市場では円高・ドル安が進 んでいる。自動車や電気など輸出企業にとっては収益への悪影響が懸念されるが、原油 を海外から輸入する石油各社への影響はどうか。円高・ドル安は調達コストが低下する ため収益を押し上げるのが通常だが、在庫評価の影響や原油価格との絡みもあり必ずし もそうではないようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。