コンテンツにスキップする

米国株【個別銘柄】(31日):マッケソン、オーキッドなど

31日の主な銘柄は以下の通り。

米政府の狂牛病対策から恩恵を受ける公算のあるデジタル識別装置メーカー の株価。

通信回線を通じた医学情報提供などのサービスを手掛けるデジタル・エンジ ェル(DOC)は85セント(22%)高の4.74ドル。家畜の健康管理製品を提供 しているイー・マージ・インタラクティブ(EMRG)は26セント(22%)高 の1.45ドル。

アメリソースバーゲン(ABC):7.35ドル(12%)安の56.15ドル。医 薬品卸売のアメリソースバーゲンは、年30億ドル(約3222億円)の売り上げに 相当する米復員軍人援護局との契約が2004年3月31日に終了することを明らか にした。一部項目を除く2004年度の利益は1株当たり4.1-4.2ドルと、12月 4日時点の最大で4.6ドルという予想を下回る見通し。

インターボイス(INTV):1.51ドル(15%)高の11.87ドル。レーモ ンド・ジェームスのアナリスト、マイケル・ラティモア氏はリポートの中で、飛 行機用の音声認識装置メーカー、インターボイスの業績は数年間で最大30%伸 びるとの見方を示し、同社を「ストロング・バイ」の格付けで新規推奨した。

オーキッド・バイオサイエンシズ(ORCH):43セント(30%)高の1.85 ドル。家畜検査を開発するオーキッド・バイオサイエンシズは、BSE(牛海綿 状脳症、牛狂病)の懸念が来年の食品安全事業の拡大につながるとの見通しを明 らかにした。

シカモア・ネットワークス(SCMR):57セント(12%)高の5.22ドル。 アナリストらの話によると、光ファイバー機器のシカモア・ネットワークスは、 最大9億ドル(約966億円)相当の連邦通信網関連の受注を獲得した。そのほか、 光ファイバー機器メーカーのシエナ(CIEN)も46セント(7.5%)高の

6.56ドルと上昇。

--* プリンストン Laure Edwards

東京 崎浜 秀磨 Hidekiyo Sakihama (81)(3) 3201-8878

ksakihama@bloomberg.net Editor: Abe

DOC US <EQUITY>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE