ゴールドマン証の塩原氏:04年の米新車市場は1.2%減の1650万台

12月31日(ブルームバーグ):ゴールドマンサックス証券の塩原邦彦シニア アナリストはこのほど、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、2004 年の米国新車市場について、前年見込み(1670万台)に比べ1.2%減の1650万台 になるとの見通しを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。