欧州での新規株式公開、2004年は回復へ-WSJ

29日付の米紙、ウォールストリート・ジ ャーナルが伝えたところによると、欧州での新規株式公開(IPO)はことし 51%減と振るわなかったものの、2004年は政府による資産売却の動きが活発化 するなかで回復が見込まれる。銀行関係者の見方として報じた。

それによると、ドイツ銀行幹部のフーバート・ケラー氏は、来年はIPO が欧州事業の25-35%を構成するとみており、また別の銀行関係者は2億 5000万ユーロ(約333億円)以上のIPO案件が10-20件出てくる可能性が あると予想している。

ドイツ政府は政府資産の売却によって来年103億ユーロの調達を、フラン ス政府はフランステレコムの株式放出(150億ユーロ規模)をそれぞれ計画し ているという。

同紙によると、ベルギーの電話会社ベルガコム、英ヴァージン・グループ 傘下の携帯電話会社ヴァージン・モバイル、独郵便サービス会社ドイツ・ポス ト傘下の郵便貯金部門などが2004年のIPO候補として挙げられるという。

(29日付WSJ、A1面、M1面)

--*ロンドン Melissa Stock 東京 小針 章子 Akiko Kobari (81)(3) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

SNEC FP <EQUITY>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE