メリル、モルガンSが躍進、みずほ証が3年連続の首位-今年のABS

2003年の日本における証券化商品の引き受 けランキングが26日、まとまった。ブルームバーグの集計では、みずほ証券が 3年連続の首位、大和証券SMBCが2年連続の2位を確保した。メリルリンチ は、6位から3位に浮上、モルガン・スタンレーも10位から4位に躍進するなど、 外国系証券の活躍も目立った。

ただ、2003年は証券化商品の発行量が伸び悩んだ。メリルリンチ日本証券 によれば、年間発行額は3兆8000億円程度の見込みで、2002年の4兆5000億 円に届かない。これを反映し、みずほと大和SMBCの引き受け総額は、2割前 後、減った。三菱証券やUFJつばさ証券なども減少している。一方、メリル、 モルガン・スタンレー、新生証券、BNPパリバなどは、引き受け総額を増加さ せた。

旧興銀本店ビルなどを証券化

27件の主幹事を務めたみずほ証券の引き受け総額は5430億円で、前年(6575 億円)より約17%減った。みずほは、リース料債権や自動車ローン債権の証券 化など、伝統的な証券化取引で強みを発揮しつつ、国内企業や証券化商品を参照 するクレジット・デフォルト・スワップを証券化した商品(126億円)など、新 しい商品の開発にも取り組んでいる。

大型案件では、みずほコーポレート銀行本店ビル(旧日本興業銀行本店)の 証券化(605億円)や、東京都の債券市場構想に基づく貸付債権の証券化(520 億円)などがあった。また、オリエントコーポレーションの案件が6件と多かっ た。

大和SMBCの主幹事実績は、21件、総額4288億円で、前年(5506億円) より22%減った。住宅金融公庫、オリックス信託銀行、太陽生命の住宅ローン 証券化で主幹事を務め、住宅ローン担保証券の引き受けは計1150億円だった。

不動産の証券化では、三井生命保険のオフィスビル11棟の証券化(629億 円)をはじめとする3件、計892億円を手掛けた。このほか、三井住友銀オート リースなどのリース料債権証券化が6件、自動車ローンの証券化が3件、貸付債 権の証券化が4件あった。

大型案件のメリル、モルガンSは2.8倍

3位に浮上したメリルリンチは8件の証券化案件を手掛け、引き受け総額は 3942億円となった。前年(2563億円)から54%の増加。国内の大手金融機関が 実施した大型の債務担保証券(1912億円)を取りまとめたほか、UFJ銀行の 中小向けローン証券化(共同主幹事分735億円)、日本信販のカードキャッシン グ債権の証券化(570億円)といった大型案件が寄与した。また、三和ファイナ ンスやオリエント信販など、消費者ローンの証券化も手掛けている。

8件の主幹事を獲得したモルガン・スタンレーの引き受け総額は3264億円 で、前年(1158億円)の2.8倍に達した。商業用不動産担保証券(CMBS) では、不動産ファンド向けの大型案件(882億円)など、計1449億円を手がけ、 この分野のトップに踊り出た。このほか、明治生命保険の住宅ローン証券化(718 億円)、あおぞら銀行の貸付債権証券化、近畿大阪リースの証券化などを手掛け ている。

2003年証券化商品のリーグテーブルは次の通り。金銭債権、不動産、住宅 ローンなど、日本の資産を対象とする証券化取引で、格付けを取得した商品につ いて、証券各社の申告に基づき集計した。主幹事・主取扱実績のみが対象で、コ マーシャル・ペーパー、ローン、合成CDOのアンファンデット部分は対象外。 共同主幹事の場合は引受額を加算。非公表案件については、格付け会社などに発 行額を確認している。

● 2003年 証券化商品 総合ランキング(カッコ内は前年実績)
   1位(1)  みずほ証券               5430億円 (6575)
   2位(2)  大和証券SMBC         4288億円 (5506)
   3位(6)  メリルリンチ             3942億円 (2563)
   4位(10)  モルガン・スタンレー     3264億円 (1158)
   5位(12)  新生証券                 2885億円 (986)
   6位(4)  UFJつばさ証券         1992億円 (4227)
   7位(7)  日興シティグループ証券   1964億円 (2096)
   8位(13)  BNPパリバ             1560億円 (931)
   9位(3)  三菱証券                 1492億円 (4835)
   10位(5)  野村証券                 1420億円 (3874)

   11位以下(2003年実績):JPモルガン(999)、リーマン・ブラザーズ(988)、
HVB(893)、クレディ・スイス・ファースト・ボストン(853)、ドイツ(818)、
農中(607)、ゴールドマン・サックス(425)

●部門別ランキング
       [CMBS部門]                     [RMBS部門]
 1位  モルガン・スタンレー    1449億円       新生            1862億円
 2位  大和SMBC    892億円       大和SMBC    1150億円
 3位  JPモルガン    879億円       日興シティ       975億円
 4位  みずほ          715億円       モルガン・スタンレー      718億円
 5位  三菱            457億円       みずほ           710億円
 6位  CSFB        424億円       CSFB         429億円
 7位  ドイツ          406億円       野村             400億円
 8位  野村            346億円       リーマン         373億円
 9位  リーマン        243億円       ゴールドマン     255億円
 10位  ゴールドマン    170億円       三菱             240億円

--*東京 安 真理子 Mariko Yasu (813)3201-8377 myasu@bloomberg.net Editor:Kaimai

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE