昭シェル、東燃ゼネが下落:12月期決算の権利落ち日で配当取り一巡

12月期決算を採用している昭和シェル石油、東燃 ゼネラル石油が下落。25日は配当の権利落ち日であるため、配当狙いの買いが一巡した 反動で下げ幅を拡大した。昭シェルは前日比36円(4.0%)安の864円、東燃ゼネは同 34円(3.7%)安の885円までそれぞれ下落している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。