米ゴールドマン、年初来の世界の株式引き受けでシェア後退

過去5年間にわたり株式の引き受けで首位 を保っている証券大手の米ゴールドマン・サックスは、2003年の年初来ランキ ングも首位を維持しているものの、シェア(市場占有率)は後退したことがブ ルームバーグ・データから22日までに分かった。また、2003年の新規株式公開 (IPO)は、10年余りで最低の規模にとどまった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。