エネ研:04年のWTI原油は20-30ドル超、イラク生産動向に左右

日本エネルギー経済研究所は19日、2004年の原油 価格見通しを発表した。石油輸出国機構(OPEC)の減産効果が出にくいなど第2四 半期(4-6月)にかけて供給過剰圧力が高まり、代表的な価格指標であるウエスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)原油の年間平均価格で1バレル当たり26- 27ドル前後と、03年の平均に比べ4-5ドル下落する可能性が最も高いと指摘した。た だ、イラクの原油生産の回復状況によっては同30ドルを超えるケースや、同20ドルま で下落するとの3パターンを予想している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。