石連会長:原油価格は28ドル近辺で推移-イラクの増産余地は少ない

石油連盟の渡文明会長(新日本石油社長)は17日 の定例会見で、当面の原油価格見通しについて石油輸出国機構(OPEC)バスケット 価格(主要7油種の平均価格)で「(1バレル当たり)28ドルに近いところで推移して いく」と述べ、高値圏での推移が続くとの見方を示した。 第4四半期が世界的に原油需要がおう盛であるという季節要因に加え、欧州での寒 波や次回OPEC総会で減産の可能性があること、米国の原油在庫が低水準であること を挙げ、「需給はタイト」であると説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。