米国株【個別銘柄】:住宅関連、オートゾーン、ワシントン、シスコ

10日の主な銘柄は以下の通り。

住宅関連株:住宅ローン金利上昇につれて住宅需要が後退するとの懸念から 住宅関連株が下落した。センテックス(CTX)は4.71ドル(4.4%)安の102.80 ドル。レナー(LEN)は4.86ドル(5.1%)安の90.75ドル。パルト・ホーム ズ(PHM)は5.48ドル(6.1%)安の84.90ドル。住宅関連消費財小売りのホ ーム・デポ(HD)は96セント(2.8%)安の33.08ドル。ローズ(LOW)は

1.42ドル(2.5%)安の54.46ドル。

オートゾーン(AZO):11.09ドル(12%)安の80.25ドル。自動車部品 小売りのオートゾーンの第1四半期(9-11月)売上高は12億8000万ドルと、 調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均の13億ド ルを下回った。

ネットワーク・エンジンズ(NENG):3.92ドル(39%)安の6.10ドル。 コンピューター用ネットワークカード販売のネットワーク・エンジンズは、スト レージ(外部記憶装置)メーカーのEMC(EMC)の契約変更により第2四半 期(1-3月)利益が押し下げられるとの見通しを示した。

シェーリング・プラウ(SGP):74セント(4.3%)安の16.30ドル。U BSのアナリスト、クリストファー・J.シルベスター氏は、製薬のシェーリン グ・プラウは、米国での売り上げ減少に対して十分な経費削減を実施していない との見方を示し、同社株の投資判断を「ニュートラル」から「リデュース」に引 き下げた。

ワシントン・ミューチュアル(WM):1.40ドル(3.5%)安の38.57ドル に続落。住宅金融のワシントン・ミューチュアルが9日、住宅ローン貸し出しの 減少を理由に2003年の利益見通しを下方修正し、7400人の人員削減計画を発表 したことを受け、複数の証券会社が10日、同社株の投資判断を引き下げた。同 業のカントリーワイド・ファイナンシャル(CFC)も3.49ドル(3.4%)安の

99.71ドルに続落。

シスコシステムズ(CSCO):55セント(2.4%)高の23.78ドル。ネッ トワーク機器最大手シスコシステムズのジョン・チェンバース最高経営責任者 (CEO)は、米カリフォルニア州サンタクララで開催した同社の会議で、企業 が2004年のコンピューター関連支出増を計画しているとの見方を示し、顧客企 業の予算が「数年間で初めて」増加に転じたと述べた。

アルテラ(ALTR):99セント(4.3%)安の21.90ドル。プログラマブ ル論理回路(PLD)メーカー大手アルテラは通常取引終了後に、第4四半期(10 -12月)売上高は第3四半期(7-9月)の2億940万ドルに比べ2-5%増 との従来予想を確認した。一部アナリストは上方修正を期待していた。

アトメル(ATML):44セント(8.2%)高の5.83ドル。半導体のアトメ ルは通常取引終了後に、第4四半期(10-12月)売上高は第3四半期(7-9 月)の3億3520万ドルに比べ最大で10%増との見通しを示した。調査会社トム ソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均では、売上高は3億5370 万ドルが見込まれていた。

--* ニューヨーク John Melloy プリンストン Laure Edwards 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita (81)(3) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE