エネルギー関連銘柄が上昇:円高進行で原料費調達コスト低下に期待

エネルギー関連銘柄の東京電力や東京ガス、新日本 石油株などが上昇した。市場では、円高・ドル安の進行で原料費調達コストの低下につ ながるとの見方から、東電が前日比40円(1.7%)高の2335円と、ほぼ1カ月ぶりに終 値で2300円台を突破した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。