米証券各社:採用再開、投資銀行家の年末賞与は10-20%増へ-WSJ

5日付の米紙ウォールストリート・ジャー ナル(欧州版)は、米国の証券各社は採用を再開しており、多くの投資銀行家 の年末賞与も前年に比べ10-20%増える見通しだと報じた。経営幹部らの話を 基に伝えた。

最大手のメリルリンチの事情に詳しい関係者によると、同社は向こう3年 間でブローカー2100人を採用する方針。またメリルリンチのアナリスト、ガイ・ モスコウスキ氏のリポートによると、リーマン・ブラザーズ・ホールディング スのブラッドリー・ジャック最高業務責任者(COO)は「業界での新たな採 用サイクル」を予想しているという。

ゴールドマン・サックス・グループは来年、従業員数を最大2%増やす意 向を示し、クレディ・スイス・グループのクレディ・スイス・ファースト・ボ ストン(CSFB)の従業員は、同社が採用に向け大学構内での春先の勧誘活 動を活発化させる計画だと述べたという。

同紙はまた、債券トレーダーは賞与の30%超の増加も期待できる一方で、 アナリストの賞与は減少する可能性もあると報じている。

(5日付ウォールストリート・ジャーナル欧州版、M1面)

--* ロンドン Alan Purkiss 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita (81)(3) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE