米国株【個別銘柄】:小売株、エネルギー株、ダイムラー(2)

4日の主な銘柄は以下の通り。

小売株:クリスマス商戦が始まった時点で、消費者が支出に積極的でないこ とが一部企業から示されたことから、小売株が下落。家電小売りのベスト・バイ (BBY)は3.27ドル(5.7%)安の54.15ドル。第3四半期(9-11月)の 1株利益が35-37セントになったと発表した。従来予想は最大38セントだった。

家電量販店のサーキット・シティ・ストアーズ(CC)は70セント (5.6%)安の11.80ドル。ディラーズ(DDS)は84セント(5.1%)安の

15.73ドル。

エネルギー株:ニューヨーク市場で、天然ガス相場が8営業日連続で上昇し たことから、エネルギー株が高い。

EOGリソーシズ(EOG)は2.21ドル(5.2%)高の44.56ドル。キー・ エナジー・サービシズ(KEG)は75セント(8.3%)高の9.80ドル。マクダ ーモット・インターナショナル(MDR)は49セント(5.4%)高の9.54ドル。

キャリア・エジュケーション(CECO):2.94ドル(7.5%)安の36.54 と続落。北米で中等教育事業を展開するキャリア・エジュケーションは、生徒の 記録に不適切に手を加えたとの疑いが持たれている。

ダイムラー・クライスラー(DCX):1.64ドル(4.2%)高の41.08ドル。 世界5位の自動車メーカー、ダイムラー・クライスラーの旧クライスラー幹部、 ジェームズ・ホールデン氏は3日、法廷で証言し、ダイムラーのユルゲン・シュ レンプ最高経営責任者(CEO)は株主を欺く意図はなかったと思うと述べた。

クアルコム(QCOM):4.63ドル(10%)高の49.10ドル。携帯電話技 術のノクアルコムは第1四半期(10-12月)の1株利益見通しを、投資部門Q SIを含めたベースで最大37セントと、従来の25-28セントから引き上げた。

SBCコミュニケーションズ(SBC):87セント(3.8%)高の24.02ド ル。ベアー・スターンズのアナリストは地域電話大手SBCコミュニケーション ズについて、年金など退職者の福利厚生コストが2004年は予想以下にとどまる 可能性があると指摘した。また増配や自社株買い戻し計画拡大の可能性もあると 述べた。

シーベル・システムズ(SEBL):71セント(5.2%)安の12.91ドル。 トム・シーベルCEOは市場関係者との電話会議で、収益予想についてコメント しないと述べた。同社は、市場に影響を与え得る情報を一部の投資家に限って公 表したとの疑惑で、罰金支払いに応じている。

サウスウエスト航空(LUV):1.22ドル(6.9%)安の16.60ドル。格安 運賃航空大手サウスウエスト航空について、J.P.モルガンのアナリストは第 4四半期(10-12月)の1株利益予想を8セントと、これまでの11セントから 下方修正した。調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想 平均は10セントだった。

ティーボ(TIVO):99セント(13%)安の6.93ドル。衛星録画サービ ス、ティーボについて、サンダース・モリス・ハリスのアナリストは投資判断を 「買い」から「ホールド」に引き下げた。

トランスメタ(TMTA):74セント(22%)高の4.09ドル。半導体開発 のトランスメタは、同社の新しい半導体が、コンピューターメーカー大手ヒュー レット・パッカード(HPQ)に採用されると発表した。

イーライ・リリー(LLY):製薬大手イーライ・リリーは通常取引終了後、 販売認可を申請中の肺がん治療薬について、当局が来年3月末までに判断を下す との見通しを示した。通常取引終値は3セント(0.04%)高の69.01ドル。

--*プリンストン Laure Edwards 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi (81)(3) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE