カローラは年間新車販売で首位ほぼ確実-11月はオデッセイ9位

日本自動車販売協会連合会(自販連)が4 日発表した11月の国内の新車販売ランキング(軽自動車を除く)によると、ト ヨタ自動車の「カローラ」が3カ月連続で首位を維持した。年間トップの座を競 うホンダの小型車「フィット」は先月の2位から3位に転落。両車種の年間販売 台数の差は1万5597台に広がり、カローラが年間トップとなるのはほぼ確実と なった。

販売台数は1-11月までの累計でカローラが18万6894台、フィットは17 万1297台。フィットは昨年、33年連続で首位の座を守ってきたカローラを破り、 初めて年間トップとなったが、今年は小型車ブームの一巡もあり販売が低迷。カ ローラはセダン、ワゴンなど4車種で展開し、安定した販売実績を保ってきた。 2位はトヨタのミニバン「ウイッシュ」で先月の4位から上昇した。

ホンダのミニバン「オデッセイ」は9位。10月にフルモデルチェンジし発 売して以来、初めてベストテンにランクインした。今回ベストテン入りした車種 のうち、今年発売したため前年との比較ができないウイッシュとトヨタの小型ミ ニバン「シエンタ」を除き、オデッセイは販売台数を唯一伸ばし、前年同月比 90%増の6643台となった。

日産自動車の小型車「キューブ」が4位、同「マーチ」が6位となったほか、 シエンタが5位を維持した。新型シリーズが今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー を受賞した富士重工業の「レガシィ」は14位で、同43%増の4741台だった。 メーカー別では、ベストテンのうちトヨタが6車種、ホンダ、日産自がそれぞれ 2車種だった。

                【11月の新車販売台数】
     〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「カローラ」      (トヨタ) 15826台(-29.0)
2.「ウイッシュ」    (トヨタ)  11818台  (--)
3.「フィット」      (ホンダ) 11116台(-57.9)
4.「キューブ」      (日産)  10555台 (-8.4)
5.「シエンタ」     (トヨタ)   9715台  (--)
6.「マーチ」      (日産)    7796台(-24.3)
7.「イスト」         (トヨタ)   7442台(-22.5)
8.「アルファード」   (トヨタ)   7167台(-17.9)
9.「オデッセイ」     (ホンダ)   6643台(+89.9)
10.「ノア」          (トヨタ)   6047台(-14.7)

--*東京 白木 真紀 Maki Shiraki (813)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor: Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE