UBSとドイツ銀の格付け見通しを「安定的」に引き上げ-S&P

大手格付け会社のスタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)は3日、資産規模でそれぞれ欧州1、2位を占める銀行、ス イスのUBSと独ドイツ銀行の格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」から「ス テーブル(安定的)」に引き上げた。第3四半期(7-9月)の業績改善が理由。 UBSの株価は一時、約2年ぶりの高値に上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。