東芝、サンディスク:フラッシュメモリー新工場の能力増、稼働前倒し

東芝と米サンディスクは3日、共同で建設す るNAND型フラッシュメモリー新工場の月産能力を、当初計画の2万台から2万 5000台に引き上げると発表した。デジタルカメラ向けなどに需要が急拡大してい るためで、稼働開始も2006年度から05年度下期に繰り上げる。総投資額は計画 を500億円上回る2000億円を見込む。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。