米国株【個別銘柄】:8X8、ARM、IP、CMS、オラクル(2)

1日の主な銘柄は以下の通り。

8X8(EGHT):1.55ドル(21%)安の5.97ドル。エイブラムズ・イ ンベストメント・パートナーズを経営するアンドリュー・エイブラムズ氏はイン ターネット電話サービスの8X8について、投資家の「利益確定売り」のため、 株価が軟調となる可能性があると指摘した。同銘柄は先週、2倍強に上昇してい た。

先週上昇したほかのインターネット電話株も安い。デルタスリー(DDD C)は84セント(20%)安の3.42ドル。ボーカルテック・コミュニケーション ズ(VOCL)は1.08ドル(18%)安の4.99ドル。

ARMホールディングス(ARMHY):米国預託証券(ADR、1ADR は普通株3株に相当)は58セント(9.3%)高の6.79ドル。半導体設計のAR Mホールディングスは、東京エレクトロンが受注は予想以上に伸びていると表明 したことを受け、上昇した。

CMSエナジー(CMS):28セント(3.6%)安の7.61ドル。エネルギ ー関連のCMSエナジーは、普通株に転換できる優先株2億ドル(約220億円) 相当を私募形式で発行する計画だ。売却益は負債圧縮に充てる。優先株が転換さ れる際に、既存の株式は希薄化されるとみられる。

インターナショナル・ペーパー(IP): 1.54ドル(4.1%)高の38.75 ドル。ドイツ銀行のアナリストによると、製紙大手インターナショナル・ペーパ ーの第4四半期(10-12月)業績は予想以上になる可能性がある。またジョ ン・ファラシ新最高経営責任者(CEO)は事業買収のペースを鈍化させる見通 しという。アナリストは、投資判断を「ホールド」から「買い」に引き上げ、1 年以内の目標株価を50ドルとした。

ニューロゲン(NRGN):4.09ドル(64%)高の10.47ドル。新世代の 小分子神経系調合薬の開発を手がけるニューロゲンは、製薬大手メルク(MR K)と共同で鎮痛剤などの新薬を開発する計画を明らかにした。メルクは一定の 目標に達した場合、ニューロゲンに最大1億1800万ドルを支払う可能性がある。 メルクは1.48ドル(3.7%)高の42.08ドル。

オラクル(ORCL):49セント(4.1%)高の12.51ドル。JPMセキュ リティーズのアナリストは、データベース・ソフトのオラクルが第2四半期(9 -11月)に過去3年で最大の売上高を計上する可能性があるとして、投資判断 を「マーケット・パフォーム」から「強い買い推奨」に引き上げた。

ペロー・システムズ(PER): 1.97ドル(16%)高の14.37ドル。ジェ フリーズのアナリストは、コンピューター情報サービスのペロー・システムズは コンピューター・サービス事業の取得拡大を通じて、来年の売上高と収益が拡大 する可能性があるとして、投資判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

チャータード・セミコンダクター・マニュファクチャリング(CHR T):半導体ファウンドリー(受託生産)世界4位のシンガポールのチャーター ド・セミコンダクター・マニュファクチャリングは通常取引終了後、受注増や新 規顧客の獲得を受け、第4四半期(10-12月)の赤字見通しが1ADR当たり 18セントと、10月に示した20セントより小幅にとどまるとの予想を示した。A DR(1ADRは普通株10株に相当)の通常取引終値は25セント(2.6%)高 の9.75ドル。

マックデータ(MCDTA):通常取引終値比76セント(7.2%)安の

9.83ドル。ストレージ・システム用スイッチ・メーカーのマックデータは通常 取引終了後、第3四半期(7-9月)の純損益が1株当たり44セントの赤字に なったと発表した。前年同期は2セントの黒字だった。買収費用や大手顧客との 価格をめぐる競争が収益悪化の要因としている。通常取引終値は5セント (0.5%)安の10.60ドル。

--*プリンストン Laure Edwards 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi (81)(3) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE