コンテンツにスキップする

米クリスマス商戦の出足好調、買い物客が早朝から長蛇の列

米国のクリスマス商戦が28日、本格的に スタートした。家電量販店大手ベスト・バイやディスカウントストア(DS) 最大手ウォルマート・ストアーズ、百貨店のメーシーズの店頭には、29ドル(約 3200円)のCD・DVD(デジタル多用途ディスク)プレーヤーなど値引き商 品を求めて買い物客が長蛇の列を作り、好調な出足となった。

米ノースカロライナ州グリーンズボロにあるウォルマートの店舗前には、 任天堂の家庭用ゲーム機「ゲームキューブ」を79ドルで購入しようと早朝3時 すぎから買い物客が続々と到着。午前6時の開店前に400人余りの列ができた という。ゲームキューブは家電量販店で通常、100ドル程度で販売されている。

米小売り企業は、昨年の低調なクリスマス商戦の反省から、特別割引価格 を提供して売上高の拡大を目指している。米景気加速の兆候が出てきているこ とも商戦に追い風になりそうだ。インターナショナル・カウンシル・オブ・シ ョッピング・センターズのまとめによると、米国の消費者の34%が今週末に買 い物を行う見通し。コンサルティング会社ショッパートラックの調査によると、 昨年の年末商戦では、感謝祭翌日の売上高はクリスマス直前の土曜日次いで2 番目だった。

東京三菱銀行(ニューヨーク)によると、11-12月の既存店売上高はこと し4.5%増加し、前年同期の0.5%増を上回る見込み。全米小売業協会は11- 12月の米小売売上高を5.7%増と予測している。

--* プリンストン Rachel Katz 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo (813) 3201-7499

kshugo@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE