コンテンツにスキップする

ソフバンク、イー・アクセス:「移動式ADSL」検証-延長線上に携帯

ADSL(非対称デジタル加入者線)通信 事業を手掛けるソフトバンクとイー・アクセスは、移動体でのADSL事業が 有効かどうかを検証する。ADSLは現在、電話線でつながっているパソコン といった固定機器を通じて展開しており、収益源を拡大するために移動体での ADSLが事業化できるかどうかを調査・研究していく。

高速データ通信が可能な移動体の方式は現在「W-CDMA」(NTTドコ モとボーダフォンが採用)と「CDMA2000」(KDDIが採用)がある。総務 省の情報通信審議会は、この2つの方式以外の通信方式が日本で有効かどうか を審議することを決めている。

このため、「携帯電話等周波数有効利用方策委員会」を立ち上げており、T D-CDMAといった通信方式を日本で取り入れるかどうかを議論する。ソフ トバンクは、現行の2方式以外での移動体通信システムが有効かどうかを検証 するため、「実験用の無線基地局の免許を申請している」(東日出男・広報室報 道担当)。

イー・アクセスも総務省の委員会の下に設けられた作業部会のメンバーに 人員を送り込んでおり、「実験用無線基地局の免許の申請についても総務省と 話し合っている」(飯田さやか・IR部長)。移動体でのADSLを通じたデー タ通信が事業化できれば、延長線上には携帯電話事業が視野に入ってくる。

日経BP社はインターネット版で先に、ソフトバンク、イー・アクセスと 英ケーブル・アンド・ワイヤレス(C&W)の日本拠点、ケーブル・アンド・ ワイヤレスIDC(C&WIDC)が、TD-CDMA方式を使う第3世代移 動通信システムに参入することを検討していると報じている。

ソフトバンクの株価終値は前日比230円(5.3%)安の4150円、イー・ア クセスは同1万8000円(6.6%)高の28万9000円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841

鈴木 宏 Hiroshi Suzuki e.ueno@bloomberg.net Editor :Ushiroyama

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE