米政府、日本・EUから報復関税発動の延期を取り付け-WTO

米政府は、欧州連合(EU)や日本などから、 23億ドル(約2510億円)に上る米輸出品を対象とした報復関税発動の最終判断を遅ら す合意を取り付けた。世界貿易機関(WTO)が27日明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。