ダイハツ:新型軽自動車「タント」発売、販売目標は月5000台(2)

トヨタ自動車グループのダイハツ工業は27 日、新型軽自動車「タント」を発売した。価格は99万8000円- 146万円、販売目標は月間5000台。排気量は660cc。同社の「ミ ラ」、「ムーブ」に並ぶ3番目の主力車種として育て上げる考えで、 競争が激化している軽自動車市場での販売を一段と強化する。

タントはイタリア語で「とても広い、たくさん」の意味を持ち、軽自動車と して最大レベルの室内空間が特徴。室内長を2メートルと幅広く取ったほか、床 面も低くして子供が立ったまま歩ける室内高1.33メートルを実現した。主要部 品をムーブやミラと共通化することで、コストも抑えた。

都内での発表会に出席したダイハツの山田隆哉社長は、新型タントにつ いて「立ち上げ期には月7000台程度を売る」と述べ、今年度内は高水準の販売 が続く見通しを示した。

軽自動車市場では、ホンダが「ライフ」、スズキが「ワゴンR」といず れも全面改良した主力車を9月に発売したほか、富士重工業も来年1月に予 定していた新型車の発売を前倒しして年内に投入するなど、一段と競争激化 の様相を呈している。昨年、全面改良したミラ、ムーブの販売台数は今年に 入ってからも好調に推移しているが、タントの投入で販売の勢いを持続させ る。

ダイハツの株価は前日比5円(1.1%)安の444円(午後零時39分)。

--*東京 白木 真紀 Maki Shiraki (813)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor : E.Ueno

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE