コンテンツにスキップする

ソフトバンク:ADSL最大45メガ、業界最速に-料金は300円上乗せ

ソフトバンクグループは、通信速度が最大 で毎秒45メガ(メガは百万)のADSL(非対称デジタル加入者線)通信サー ビスを来年1月下旬から導入する。新技術を導入することにより通信速度を上 げ、利用者により快適なブロードバンド(高速大容量)通信環境を提供する。

都内で25日発表した資料によると、新サービス「ヤフーBB 45M」は、 下り速度が最大45メガ、上り速度は同3メガ。同社の既存サービスはそれぞれ 26メガと1メガで、下り上りともに速度が上がる。下りの45メガはイー・アク セスの40メガを上回り、業界最速になる見通し。

ソフトバンクグループは下りでは「クワッドスペクトラム」、上りでは「ダ ブルスペクトラム」というADSL技術を使う。速度はNTTの局舎から遠く なるに従って落ちるが、この新技術で局舎からの距離が1.5キロ程度だと下り 上りともに速度向上が期待できるとしている。

料金は現在最速の26メガサービスに比べて基本的に300円高く(ADSL サービス料が200円、レンタル料が100円増)なる。NTT東日本のエリアだ と月額4138円、同西日本のエリアだと4146円になる。

光ファイバーの通信速度は通常100メガと言われており、ADSLは技術 革新により光ファイバーのほぼ半分までの速度が出るようになる。

ソフトバンクグループはこの「ヤフーBB 45M」のサービスを12月1日 から受け付けする。この段階では全国の主要地域であるNTTの1500局舎に住 む新規申し込みに限られ、来年1月20日までに申し込むと45メガサービス開 始まで26メガのサービスが受けられる。

この利用可能な局舎は順次拡大していく。既存のヤフーBBの利用者でも、 その後に受け付けを開始して、来年1月下旬のサービス開始と同時期に45メガ サービスが受けられるようにする。

ソフトバンクの株価終値は前週末比360円(9.5%)高の4160円、ヤフー は同5万円(3.8%)高の136万円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE