燃料電池の水素ステーションなど国際規格統一へ-15カ国・EU

日本や米国など主要15カ国政府と欧州連 合(EU)は20日、ワシントンで、環境に優しい次世代エネルギーとして期待 されている燃料電池のインフラとなる水素ステーションなどの統一規格を作るこ とで合意した。燃料電池に関する規格の国際合意は初めて。今後、あらゆる規格 作りを各国共同で進め、燃料電池自動車などの早期普及を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。