香港株(終了):反落-米輸入制限を懸念し繊維株に売り(2)

香港株式相場は反落。ここ4営業日で3度 目の下落となった。米国政府が衣料品の輸入制限を打ち出したことから収益に影 響がでるのではとの懸念から、テキスウィンカ・ホールディングスなど繊維メー カーが売られた。

ハンセン指数の終値は香港時間午後4時現在、前日比154.27ポイント (1.3%)安の11872.99と、10月27日以来の安値となった。指数を構成する33 銘柄では、25銘柄が下落、4銘柄が上昇、4銘柄が変わらずだった。14日以降で は指数は2.9%下落となった。この日の指数先物(11月限)は1.3%安の11845。

フィリップ・アセット・マネジメントHKで2600万ドル相当の運用に携わっ ているルイス・ウォン氏は、米輸入制限について「繊維銘柄にとっては短期的に下 押し圧力となるだろう」と指摘し、「収益にも影響が出るだろう」としている。

ウォン氏はまた市場全体について、ハンセン指数が「12000以上に上昇するよ うな新しいニュースは何もない」とも述べている。指数は年初来では27%高とな っている。

売買代金は132億香港ドル(約1840億円)と、ここ3カ月間の一日平均を約 10%下回った。

テキスウィンカ(321 HK)は35セント(6.3%)安の5.25香港ドル。同社は米 ギャップなどの衣料小売り企業に編み糸などを供給している。

がん具メーカーのプレイメイツ・ホールディングス(彩星集團、635 HK)は 13セント(7.5%)下げ1.60香港ドル。同社は、事業拡大のため、全体の9.2% に当たる1億3000万株を1株当たり1.60香港ドルで売却し、2億200万香港ド ルを調達すると発表した。売却価格は17日の終値を7.5%下回る水準。

--*香港 Lu Wang 東京 笠原 文彦 Fumihiko Kasahara (81)(3)3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Okochi

321 HK <EQUITY> 635 HK <EQUITY>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE