コンテンツにスキップする

【個別銘柄】:日テレコム、ベリサイン、藤沢薬、日テレ、グロメデア

午前の主な売買銘柄の終値は次の通り。

日本テレコムホールディングス(9434):4万円(12%)安の29万3000円と今年 の最安値を更新した。本業の営業利益も投資負担から減益になり、通期の純損益も1000 億円を超える赤字に下方修正した。市場では事前の予想通り厳しい決算になったとの見 方が出ている。

日本ベリサイン(3722):東証マザーズに新規上場した。今月の新規上場銘柄のな かでは、最も注目度が高いとの指摘があり、公募価格の48万円で差し引き3600株の買 い注文を集め、買い気配で始まり、午前は74万4000円の買い気配のまま取引を終えた。

藤沢薬品工業(4511):40円(1.9%)高の2145円と続伸しているほか、中外製薬 (4519)も22円(1.5%)高の1482円。バイオテクノロジー、ゲノム(遺伝子情報)関 連株の一部に上昇する銘柄がみられる。この日は、野村アセットマネジメントから、世 界のバイオ関連株に投資する投資信託が新規設定されるため、同ファンドからの資金流 入に期待する動きがあるようだ。

日本テレビ放送網(9404):370円(2.6%)高の1万4600円。不祥事発覚以降こ れまで大きく下落しており、前日の発表で株価を押し下げる要因は出尽くしたとの見方 が広がった。

グローバルメディアオンライン(9449):110円(8.5%)高の1400円と大幅続伸。 電子認証技術を手掛ける日本ベリサインがこの日、東証マザーズに新規上場したことで、 電子認証事業への注目度が高まり、関連企業への資金流入が活発化するとの期待感が広 がった。グロメデアでは今年5月、サーバー証明書(SSL認証)市場で世界2位の米 ジオトラスト社と業務提携し、日本ジオトラストを設立している。

--*東京 桜井 勉 Tsutomu Sakurai (813)3201-3556

tsakurai1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE