コンテンツにスキップする

ボーダフォンのグリーン社長:携帯電話シェア30%、2010年までに狙う

世界最大の携帯電話会社である英ボーダフ ォンの日本拠点、ホーダフォンのダリル・グリーン社長は18日、日本での携帯 電話加入者数のシェアを2010年までに30%に引き上げる計画を明らかにした。 日本の携帯電話事業を成長分野と位置付け、第3世代携帯電話(3G)の新製 品投入などでシェア急拡大を狙う。

ブルームバーグ・ニュースとのインタビューでグリーン社長は、日本の携 帯電話の市場シェアについて「30%のシェアを早く取りたい。2010年までには 取りたい」と強調した。ボーダフォンの携帯電話シェア(9月末)は18.6%。 グリーン社長は日本の通信市場を主導していくためにはあと10ポイント程度は シェアが必要とみている。

2010年の携帯電話市場は人口に対する普及率が80-85%(現在は62%)に 達していると予想、携帯電話市場全体で1億台強、このうちの3000万人、3割、 を取る方針だ。

グリーン社長は、日本のホーダフォン親会社、日本テレコムホールディン グス(HD)の社長に12月9日付で就任する。日本テレコムHDは同10日付 で社名を「ボーダフォンホールディングス」に変更、グリーン社長は名実とも にボーダフォンの日本拠点のトップに就く。

季節は「春」

ボーダフォンの上期携帯電話純増シェアは21.4%と1-3月(29.9%)に 比べて大きく落ち込んだ。特に第2四半期(7-9月)は11%に急落した。携 帯電話端末の機能や価格で他社に比べて優位性を出せず、また人気の端末は品 薄になるといったことが響いた。

こうした厳しい現状のなかでシェア拡大を掲げるグリーン社長は「企業で も自然でも季節がある。現在は種を蒔く『春』である」と位置付けた。2003年 度はシェア拡大に向けた基盤を整備する時期、準備期間であるとの考えだ。

シェア拡大を目指した下期以降の具体的な戦略についてグリーン社長は 「本当の3G携帯の特徴を生かしたサービスを手掛ける」と述べ、ゲームをは じめとする非音声分野での新コンテンツ(情報の中身)を投入する意向を示し た。

また、シェア拡大に際しては他社を買収するといった方法は考えず、「自分 たちの力で、われわれを信頼している顧客と従業員と株主のためにやる」と強 調した。さらに、ボーダフォン日本法人について「3200人の人員でこれだけの 企業をまわしているのは効率がいい」と述べ、リストラは一切考えていないこ とを示した。

日本テレコムHDの株価終値は前日比6000円(1.8%)高の33万3000円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE