コンテンツにスキップする

日本テレコムHD:中間純損益1250億円赤字-通期1040億円赤字

英ボーダフォン傘下、日本テレコムホール ディングスの9月中間決算は、連結純損益は1250億円の赤字となった。前年同 期は435億円の黒字だった。主力の携帯電話(ボーダフォン)事業で、動画も 送受信可能な第3世代携帯電話(3G)の投資に伴う設備償却で費用が膨らん だほか、固定電話部門の日本テレコムの株式評価損を計上した。

東証で18日発表した9月中間連結決算によると、3G携帯の「ボーダフォ ン・グローバル・スタンダード」をはじめとして移動体通信での投資による負 担が利益を圧迫した。連結営業利益は前年同期比12%減の1253億円。

上期の携帯電話契約数は伸び悩んだ。9月末の累計契約は1459万1100台 と3月末比で62万7800台、4.5%増加した。上期の市場は293万8000台、3.9% 増加した。この結果、累計シェアは18.6%と3月末(18.5%)と同水準にとど まり、純増シェアは21.4%と1-3月(29.9%)に比べて大きく落ち込んだ。

通期(2004年3月期)の連結純利益は1040億円の赤字に下方修正した。傘 下の固定電話部門、日本テレコムを米投資会社リップルウッド・ホールディン グスに売却することに伴い簿価と売却価格との差である1613億円を売却損とし て特別損失に計上する。従来予想は前期比22%減の620億円だった。売上高は 従来予想の1兆8650億円から1兆6800億円へ9.9%引き下げたほか、経常利益 も2130億円から2120円へ0.5%下方修正した。

日本テレコムには現時点で、リップルのほかGSキャピタルをはじめ5社 が出資することが決まっている。

携帯電話事業に経営資源を集中

固定電話部門を切り離す日本テレコムHDは、携帯電話事業に経営資源を 集中させる。新社長にボーダフォン日本法人のダリル・グリーン社長兼最高経 営責任者(CEO)が12月9日付で就任する。ウィリアム・モロー社長は退任 する。同日に臨時株主総会も開催、社名を「ボーダフォンホールディングス」、 本店所在地を現在の東京都中央区からボーダフォン本社がある東京都港区に変 更することを決議する。社名と本店所在地変更は12月10日付。

日本テレコムHDの株価終値は、前日比6000円(1.8%)高の33万3000 円。

--*東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno (813)3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE