帝国石油:スエズ湾で石油探鉱事業に参加-3年で20億円出資

帝国石油は17日、スエズ湾で石油探鉱事業 に参加すると発表した。米エネルギー会社のデボン・エナジーが保有する2鉱 区の権益を各30%取得することで14日、合意した。帝石は、探鉱事業費として 3年間で約20億円を投資する。

2鉱区合計で日量1万バレル程度の原油生産を見込んでおり、早ければ 2006年の商業生産を目指す。事業化が決まれば、開発投資として計2億ドル(約 220億円)程度を投じ、10-15年の期間で原油生産につなげたい考えだ。

帝石は、中南米とともに北アフリカを重点地域と位置付けている。スエズ 湾での鉱区は海外線沿いにパイプラインが敷設されているなどインフラが整備 されており、事業化への移行が容易で採算面に優れているとして参加を決めた。

帝国石油の17日の株価終値は前週末比10円(2.1%)安の464円。

--*東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki (81)(3)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

業界別ニュース:JBN17 エネルギートップ: NI NRGTOP エネルギー : NI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE